【黒い砂漠】考古学者の地図(前編)ルード硫黄鉱山8つの狩り場ルート紹介

レアドロップ
スポンサーリンク

ルード2度目の卒業。

スポンサーリンク

未知な地図の欠片

この様な形を4種類集めて宝石たちと一緒にくっ付ければ永久地図の完成です。

4種類の未知な地図の欠片はルードで2種、フィラク監獄で2種ドロップしますね。

完成形は考古学者の地図、6時間置きに最寄りの町にワープでき、帰っても来れる神アイテム。

詳しい説明は省きますが、釣りキャラや狩りキャラに持たせると便利でしょう。

 

プレデター地図

2か月前にルードで拾ったのがプレデター地図でした。

ドロップ+50%のイベント期間中、10時間程度の狩りでドロップしました。

 

 

トゥカ地図

ルードに再び籠って3週間で出ました。

今回もドロップアップ50%イベント中でした!

スクロは使ってなかったのですが、アルシャ+イベントの100%アップはスクロありみたいなものでしょう!

 

トータルで100時間程度ですね。被りも無しです。

1枚目の考古学者の地図が被り無しだったのは運が良かったですが、

今回は運以外にルート選考をしっかり行ったことも功を奏しました。

 

 

たまに偽物もドロップします。

毎度心臓に悪い(´_ゝ`)

 

未知な地図の欠片ドロップ率

確率は以下の通りです。

 

昔にExcelの勉強ついでにこんなのを作ってました。

それぞれの対象モンスターをn匹倒したらどれくらいの確率(1-P)で地図の欠片をドロップするかを計算してくれるやつです。

例えばそれぞれを1万匹倒した場合、トゥカは25%で地図の欠片を落とすけど、プレデターは18%でしか地図の欠片を落としてくれません。

しかし実際はルート上にいる各モンスターの数で変わってくるからそこまで参考にならないです…。

 

ルード硫黄鉱山の狩り場ルート

2枚目の考古学者の地図を狙う上で、前回は一つのルートに固執したせいで、1回目のルード卒業に3ヶ月もかかってしまいました。

2度目の今は狩り場争いが起こらない場所、起きてもすぐ移動できるように予めルード硫黄鉱山を熟知しておき、無駄な時間を削減できました。

地上マップ

ルード硫黄鉱山は地上と地下に分かれています。

地上のおおまかな手書きマップですね。

地上には5つの狩りルートが存在し、それぞれトゥカとプレデターの数が違います。

 

また、地上の拠点は「ルード硫黄作業場」です。拠点投資時に気を付けましょう

 

 

手書き地図と番号が対応しているので、併せて参考にして頂ければ。

狩りルート①

トゥカとプレデターがそこそこいるルート。

入り口のトッシーと拠点管理人のすぐそばであるため、アクセスがよい。そのためよく使われていて、ルードのルートの中では2番目に人気の様です。

ただちょっと広く、職相性もあるかもしれません。

また入口なのでpkがちょっと怖いですね。

 

こちらはルート②が埋まった時に使ったりするルートです。

ここで1枚目のプレデター地図がドロップしました。

 

狩りルート②

一番人気なルートです。たいてい誰かいて、PKもよく来ます

人気な理由として、円形なルートが組めて右回りも左回りも可能なこと、

トゥカとプレデターが他ルートよりも多く生息していること、

デイリークエのNPCウストゥオーバンにも近いことですね。

 

地図狙いであれば最初はここで狩るといいかもしれません。

筆者はここで1枚目のトゥカ地図、2枚目のプレデター地図をドロップしました。

 

狩りルート③

ルート③は小さめなルートです。

殲滅力が無ければルート②よりもこちらの方が邪魔が入らなくてマイペースに狩りすることができます。

A低めな方向け。

 

狩りルート④

ルート③を更に奥に行けばここです。

ルート②程ではないが、そこそこプレデターとトゥカが居ます

円形なルートが組めて、トゥカ地図狙いに関してはいい狩りルートではないでしょうか。

 

3番目に人気ですね。

 

ここで2枚目のトゥカ地図をドロップ。

狩りルート⑤

最奥のルートです。

だだっ広いため、移動が苦手な職は向きません

生息数もそれほど多くはないですが、アクセスが悪いため、pkはまったくと言っていいほど来ません。

 

ひっそり狩りたい方向けですね。

 

地下マップ

地下は3つの狩りルートがありますが、ミニマップは見えません

また、所属拠点名は「ルード硫黄鉱山」になります。同様に拠点投資時に注意が必要です。

 

地下であんまり狩りしたことがないためざっくりな紹介になります。

狩りルート⑥

デイリークエストのNPCに近く、モブ数が多く、ゴミドロップを狙うルート金策向けのルート。

 

ただちょっと広い。

 

狩りルート⑦

トゥカとプレデターがそこそこ、マップも狭い。

地下ルートで地図の欠片を狙うのであればここがいいかもしれません。

 

狩りルート⑧

5分程度しかここで狩りした事がないです。

ここでも狩れることを知っておくといいかもです。

 

 

時給

地図狙いのため、拾い残しもありゴミドロさほど多くありません。

ルート①や②、③や⑥はスクロなしで6000、ありで9000行けばいいんじゃないかな?

ゴミドロの値段は改変後で一つ3000シルバー。

時給にしたら30m程度ですかね。

 

 

 

以上がルード硫黄鉱山の狩りルート紹介です。

狩り場は散策してみるものですね!

ルード硫黄鉱山に8つのルートもあるなんて今まで知りませんでした。

 

次はフィラクだああああああ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました